天理教の葬儀とマナー

天理教の葬儀とマナー

天理教,葬儀,マナー

天理教の葬儀では仏式ではなく、神葬祭の形式がとられています。

 

しかし天理教の信者の方でも、さまざまな事情で他宗教の形式が用いられることもあり、一般に考えられるほど天理教の葬儀は厳密なものではないようです。

 

天理教の死に対する考え方、死後観や霊魂観では、人間の肉体は神からの借り物であり、死後は肉体を返上するものであるとされています。

 

その考え方から天理教の葬儀では、古い肉体を葬り、神の下に霊魂がいき新しい身体を借りて現世に生まれることを願います。

 

天理教の教えでの奏上する詞は、儀礼は神葬祭とよく似ています。
地方によっては異なる面もありますが大体は同様です。

 

天理教の葬儀の式の流れは以下のようになります。

 

天理教の葬儀の流れ

 

1、みたまうつし 仏式の通夜、神葬祭の「遷霊祭」に相応するもので、読んで字の如く、魂を写す作業とされています。式でも重要な儀式とされています。

 

2、発葬儀 出棺の儀礼のことになります。

 

3、葬場儀 「葬場祭の儀」に相応します。告別式にあたります。

 

4、火葬 葬後祓して出棺後、祓師(斎員)は各室を祓い清めて葬後霊祭の準備をし、葬場から帰ってくる会葬者を門前で祓います。

 

5、葬後霊祭 神式葬儀の「帰家祭」に相応します。

 

追悼の儀礼は霊祭式とも呼ばれ、合祀祭、一年祭、五年祭、十年祭となっています。

 

天理教の葬儀に出す香典の表書きには御玉串料と明記するのがマナーです。
現代では「御霊前」としても構わず、不祝儀袋の「御霊前」という表書きは、宗教を問わず使えます。

 

また、香典返しの「のし」には「偲草」と記します。

 

ご利用上の注意

 

当サイトでは葬儀に際して一般的に言われる「香典」と言う言葉を用いていますが、「香典」という呼び名は仏式での呼び方であり、他の宗教では呼び方が異なっていますのでご注意下さい。

 

また、一般的なマナーのみをご紹介しており、特定の宗派や流派に基づくものではございません。
マナーやしきたりには、地域、宗教、家風などによって相違がございますので、よくお確かめの上ご利用下さいませ。

 

ご利用いただいた上での損失などには責任を負いかねますので、自己責任におかれましてのご利用をお願い申し上げます。

24時間・365日・全国対応 日本一選ばれている葬儀・葬式ブランド

全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

 
inserted by FC2 system